• 文字の大きさを変える

3月23日の「まなぶ会」

第17回成年後見をまなぶ会
「特養・有料ホーム入所の実際 ~特養・有料ホームの比較から~」
 在宅生活が困難な要介護高齢者にとって、特養など介護施設への入所は、
本人、家族にとっても大きな選択と決断が必要です。
 しかし施設入所を希望しても特養などの介護施設は、
どのような要介護者でも受け入れができるのでしょうか。
 特養・有料ホームではどのように入所者の違いがあるのでしょうか。

 今回のまなぶ会では、特養・有料ホームの相談業務・管理業務を経験し、
大学院で特養の入所選考について調査研究を行っている柘植(つげ)氏を講師にお願いしました。
ご自身の経験と併せてその調査結果を交えた最新の話題を提供していただきます。

●日時:3月23日(金)午後7時~8時40分

●講師: 柘植将介(つげ まさすけ)さん
    (社会福祉士・介護福祉士・介護支援専門員、AFP、        
     日本福祉大学大学院医療・福祉マネジメント研究科修士課程)

●会場:名古屋市女性会館(イーブルなごや)第2研修室
   <行き方>地下鉄「東別院」下車①出口から徒歩5分

資料代:500円(当日払い)
定員:30名(申込み順)
主催:後見制度を考える会/NPO法人名古屋成年後見センター

第17回成年後見をまなぶ会チラシ

成年後見をまなぶ会のご案内PDF
特養に関する新聞記事
障害者大量殺害事件容疑者の手紙

NPOの三つ折りパンフ(表面)
NPOの三つ折りパンフ(中面)
◆終末期の医療指示書

老後の面倒は誰が見るのか?
『老後の面倒はだれが見るのか 成年後見人の仕事』
石川 徹 著 
里文出版発行  
価格2,000円+税
本の割引注文チラシ

image

アクセスアップのホームページ元気会