• 文字の大きさを変える

成年後見の利用促進は可能なのか?

第12回成年後見をまなぶ会
タイトル「成年後見の利用促進は可能なのか?
    ~政府の利用促進基本計画を考える~」

高齢人口が増加し、判断能力に問題のある人が確実に増えています。彼らの生活・財産・権利は社会が守らなければなりません。
 しかし、昨年、成年後見の申立件数は減少しました。申立件数は5年前から頭打ちです。このような状況のなかで政府は、本年3月、成年後見制度の利用促進基本計画を決めました。
 今回の講座では、利用促進基本計画の内容について、また計画を受けて、愛知県と名古屋市はどのような方針を考えているのか話して頂きます。

概要説明:NPO法人名古屋成年後見センター 石川 徹
講 師: 愛知県健康福祉部高齢福祉課職員
講 師: 名古屋市高齢福祉部地域ケア推進課職員

日時:5月11日(木)午後7時~8時40分       
会 場:名古屋市女性会館(イーブルなごや)第2研修室
資料代:500円 
定 員:30名(申込順)
申込み方法:メールに氏名・連絡先を記載し当NPOへ申込みください。★★★
 
成年後見をまなぶ会のご案内PDF
特養に関する新聞記事
障害者大量殺害事件容疑者の手紙

NPOの三つ折りパンフ(表面)
NPOの三つ折りパンフ(中面)
◆終末期の医療指示書

老後の面倒は誰が見るのか?
『老後の面倒はだれが見るのか 成年後見人の仕事』
石川 徹 著 
里文出版発行  
価格2,000円+税
本の割引注文チラシ

image

アクセスアップのホームページ元気会