• 文字の大きさを変える

MSWの仕事と後見制度の矛盾

★第26回成年後見をまなぶ会
「医療ソーシャルワーカー(MSW)の仕事と後見制度の矛盾に関する報告」

日本の医療は問題がありすぎと言われます。
 一つの問題は、本人が医療内容の説明を十分に理解できず、
家族や親族と連絡のとれない人に対する医療行為について、
どうしたらいいのか統一的な見解がないことです。
 成年後見人には医療の同意権がありませんし、
本人が事前に医療同意権を家族や友人などに託す制度は日本にありません。

もう一つの問題は、身元保証のことです。
医療費用の不払いは病院経営の大きな負担になっています。
今回の講座では、医療サービスを提供する側と
医療サービスを受ける側の中間で仕事をされる
医療ソーシャルワーカー(MSW)の守屋氏に問題点を話して頂きます。

★ 日時:9月25日(水)午後7時~8時40分★

講師:守屋 可奈子氏
  (MSW:医療ソーシャルワーカー)

会館(イーブルなごや)第1研修室
<行き方>地下鉄「東別院」下車①出口から徒歩5分
資料代:500円(当日払い)
定員:30名(申込み順)
主催:後見制度を考える会/NPO法人名古屋成年後見センター

「成年後見について質疑 14分25秒後スタート(衆議院法務委員会松田議員の質問)」

第26回成年後見をまなぶ会チラシ

2018年度貸借対照表
2018年度財産目録

18年成年後見リーフレット(表)
18年成年後見リーフレット(中)
特養に関する新聞記事
障害者大量殺害事件容疑者の手紙
◆終末期の医療指示書

老後の面倒は誰が見るのか?
『老後の面倒はだれが見るのか 成年後見人の仕事』
石川 徹 著 
里文出版発行  
価格2,000円+税
本の割引注文チラシ

image

アクセスアップのホームページ元気会